早朝覚醒はサプリメントで改善できます。

早朝覚醒に効く漢方薬

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,漢方薬

 

早朝覚醒などの不眠で悩んでいる方は、その症状を改善するために
薬に頼ることがありますよね。

 

睡眠薬は効き目はありますが、体に負担がかかってしまうんです。

 

飲んで起きたときに体が凄く重かったり、頭がボーっとしたり
予定の時間に起きられなかったりすることがあります。

 

また強い依存性もあるので、飲み続けることにも不安がありますよね。
漢方薬は睡眠薬ほどの効き目はありませんが、体への負担が少ないのでよく飲まれています。

 

 

不眠の代表的な漢方薬

 

不眠になっている原因にはいくつも要因があります。
漢方はその原因に合わせて服用することで効果が現れます。

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,漢方薬

不眠でよく飲まれている漢方をいくつかご紹介しますね。

 

  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 
  • 酸棗仁湯(さんそうにんとう)

 

この2種類は気分を明るくしてくれる作用があります。
体力の衰えなど、胃の不調を感じている方に飲まれています。

 

 

タイプで選ぶ漢方薬

 

漢方薬を選ぶ時は、「実証」「虚症」という2つのタイプで、体質に合う漢方薬が違います。

 

実証とは、体力があり、筋肉質、血色が良い、胃腸が強くて便秘気味という過剰タイプです。
虚証とは、体力がなくて華奢、血色が悪い、胃腸が弱く下痢気味、寒がりという不足タイプです。

 

 

実証タイプの方に合う漢方薬

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,漢方薬

 

  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 四逆散(しぎゃくさん)
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

 

のぼせ気味だったり、体に熱がこもりやすい方に向いています。
心配事や不安があって眠れない時に飲まれています。

 

 

虚証タイプの方に合う漢方薬

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,漢方薬

 

  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

 

刺激や興奮を抑えて、気持ちを穏やかにしてくれる漢方です。

 

 

早朝覚醒に効く漢方薬

 

早朝覚醒の方によく飲まれているふたつの漢方をご紹介します。
中間(実証と虚証の間のタイプの方)から虚証タイプの体質の方に向いています。

 

  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)

更年期障害にも良いとされ、女性ホルモンのバランスを整え女性に好まれている漢方です。

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,漢方薬

  • 加味帰脾湯(かみきひとう)

眠りを深くさせる効果があります。不安感が強くある方に向いている漢方です。

 

 

漢方の種類はとても多く、体質により効く場合、効かない場合があります。
ドラッグストアでも買うことができますが、自分に合うものを探すのは大変難しいため
薬剤師さんと相談しながら選んだ方が良いですね。
不眠だけではどの漢方が良いのかわからないので、他にどのような症状があるのか
自分の体の不調を詳しく伝える必要があります。

 

 

漢方は眠くさせる薬ではありません

 

漢方薬は飲むとすぐ眠れるという薬ではありません。
不眠の原因となっている体の不調や不安定になっている精神を整えるのを助けてくれるものです。

 

飲み始めてからしばらく経たないと効果は現れにくいので即効性はありません

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,漢方薬

効果的に服用するためにはしっかり飲み続けることです。
1ヶ月月程度飲んでも効果が出ない場合は、漢方薬が合っていないことがありますので違うものを試してみましょう。

 

漢方薬は眠りのサイクルを元に戻すのを手伝ってくれる薬です。
睡眠薬のような強い効き目や即効性はありませんが、体が本来の働きをするように促してくれるのです。

 

体質や環境にもよりますが、合っている漢方を飲めばすぐに眠れるようになることもあります。

 

 

漢方薬よりも手軽なサプリメントで快眠生活

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,漢方薬

不眠に良いとされる漢方薬の種類は多くあり、自分に合っていないものを飲み続けても効果はありません。
漢方薬を選ぶときは、病院で処方してもらったり薬剤師さんに相談して購入する方が良いのですが
そこまではしたくない、面倒だという方には、もっと気軽に試すことができるサプリメントがおススメです。

 

サプリメントも副作用がなく安心して服用できますし、依存性もありません。
神経が高ぶったりイライラして眠れない、早朝覚醒してしまうのであれば、休息サプリも効果があります。

 

私もサプリメントを飲み始めて良い睡眠がとれるようになりました。
早朝覚醒を改善するためにはリラックスして眠りにつくことが大切なので
今日も眠れないんじゃないか、早く起きてしまうんじゃないかと心配しないように寝る前の準備をしっかりしました。

 

はじめのページ【トップページ:早朝覚醒の対策】に書いた対策のほか、眠る前には
温かいハーブティーを飲みながら一日にあった良いことだけを考えて
サプリメントを飲んだから大丈夫と言い聞かせるようにベッドに入りました。

 

そうすると、自然としっかり眠れるようになっていきました。

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,漢方薬

朝もスッキリ起きられるようになったし、続けて毎日飲んでも食品だから依存性もないという安心感があるので
症状が良くなるまでしっかり飲み続けることができます。

 

良くなってきたら飲む回数や量を減らしていけば、サプリを飲まずに眠れるようになりますよ。

 

 

生活において睡眠はとても大事な時間ですから、それがストレスになるのは辛いですよね。
自分に合った改善方法を見つけて快適な休息時間を手に入れてくださいね。