早朝覚醒はサプリメントで改善できます。

お酒、飲酒、アルコールが原因で早朝覚醒することはある?

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

 

不眠で悩んでいる方や、明日の朝は早いから早く寝てしまいたい、
という方は、寝る前にお酒を飲む、いわゆる寝酒をする方も多いと思います。

 

しかしそれが逆に早朝覚醒を引き起こし、睡眠を妨害していることもあるんです。

 

 

お酒を飲むと早朝覚醒する理由

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

アルコールを摂取すると、体内で色々化学変化をしていきます。最終的には尿となって排出されていきますが、その過程で体に良くない状態を引き起こしていることが考えられるのです。

 

アルコールが体の中で分解される時にはアセトアルデヒドが発生しますが、これが有害物質なのです。
アセトアルデヒドは交感神経を興奮させるので、深く眠っている状態のレム睡眠を妨害して
眠りが浅くなり
、一度起きてしまうと再び眠るのが難しくなってしまうのです。

 

これが早朝覚醒が起きる原因になっています。

 

 

寝酒は眠りの質を悪くする

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

確かにアルコールを摂取すると、脳の活動が抑えられて起きていることができなくなるので
早く眠りにつくことができます。

 

しかし、アルコールを飲んだ時の睡眠は質の良い眠りではありません。
深く眠っている状態である、ノンレム睡眠の時間が短くなってしまうのです。

 

アルコールが体から抜けていく離脱症状は、3〜4時間で起こります。
眠りについてから、深く眠りたい時間帯に離脱症状が起きるため、眠りが浅くなってしまうのです。

 

眠りが浅いと中途覚醒や早朝覚醒が起こりやすく、夜中や早朝に目が覚めてしまうのです。

 

早朝覚醒をしてもちょっと早い時間にスッキリ起きられたと勘違いされることもありますが
脳と体は睡眠不足と同じ状態になっているんです。

 

 

トイレが近くなる

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

お酒を飲んでいるとトイレが近くなりますよね。
それは寝ている間にも起こることなんです。

 

通常寝ている間には尿が作られないようにホルモンが働いているのですが
アルコールはそのホルモンを邪魔してしまうのです。

 

こうして眠っている間にも尿はたまっていき、眠りが浅くなった時にトイレに行きたくて起きてしまうのです。
そしてトイレに起きた後に再び眠れなくなってしまうことが、早朝覚醒や中途覚醒の原因となります。

 

 

アルコール依存症早朝覚醒

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

アルコールによる入眠は、始めた頃は少量のアルコールでも効果がありますが
毎日続けていると、どんどんお酒の量を増やしていかないと眠ることができなくなってきます。

 

いつの間にか多量のお酒を飲まないと眠れない状態になり、アルコール依存症を引き起こしてしまうのです。

 

入眠できても眠りが浅く、中途覚醒や早朝覚醒をして目が覚めた時に
アルコール依存症の場合、さらにお酒を飲んでしまうため症状はより悪くなっていきます。

 

眠るための薬を飲むよりお酒の方が安全とも思われていますが
そうとも言い切れない危険性があるものなんですね。

 

 

お酒を飲むといびきで中途覚醒が起こる

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

お酒を飲んで寝た時に、いびきが酷いと言われたことはありませんか?
アルコールは舌の筋肉を麻痺させるので、寝ている間に舌がノドの奥に落ちていってしまいます。
鼻も血行が良くなりすぎることで、粘膜が腫れて詰まりやすくなってしまうのです。

 

こうして鼻とノドの空気の通りが悪くなりいびきをかいてしまいます。

 

いびきをかいている時は体に酸素が足りなくなりますので、眠りが浅くなって中途覚醒してしまうのです。
いびきだけでなく、無呼吸状態になることもあり体にもストレスがかかってしまいます

 

 

お酒に頼らない睡眠を目指しましょう

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

お酒を適量飲むことは悪いことではありません。
しかしお酒に頼って眠ろうとするのは良いことではありません。

 

それでも毎日の楽しみとしている方も多いですよね。
無理に止めなくても、飲む時間と量を考えれば良いのです。

 

お酒は寝る3時間前くらいまでに飲んで、寝る直前は避けることが大切です。
量は飲みすぎないように適度にし、お酒を飲まない休肝日を週1、2日作りましょう。

 

これを守れば睡眠の質が落ちたりせずに上手にお酒と付き合うことができます。

 

 

急にお酒を減らすと不眠になることも!

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

習慣的にお酒を飲んでいる方が禁酒をして一切お酒を飲まなくなると、
今まで不眠の悩みがなかったのに、不眠の症状が起こってくることがあります。

 

普段良いお酒の飲み方をしている方は、お酒が睡眠に悪い影響を及ぼすことがないのでよく眠れている方が多いのですが、突然の禁酒は体にとって非日常なこと。
なので、リラックスした環境ではなくなることから眠りに影響を及ぼすこともあるようです。

 

入眠が上手くいかなくなったり眠るのに時間がかかったり、眠りが浅くなって早朝覚醒が起こったり。

 

お酒を飲む時は食事をとらないという方は多いと思いますが、
夜に食事をとらないことで、朝ちょうどいい時間にお腹が空き気持ちよく目が覚めることがあったと思います。
これが禁酒をすることで、お酒の代わりに遅い時間まで食べ物を食べてしまい、お腹がいっぱいのまま眠ってしまうと朝になってもお腹がすかず、空腹で目覚めることがなくなります。

 

正しいお酒の飲み方をしていた方が禁酒をするときには、量を徐々に減らしたり
お酒を飲まない休肝日を増やしていくなどして、少しづつ禁酒していったほうが睡眠には影響が出にくいかもしれません。

 

 

お酒と併用するならサプリメントがおすすめ

 

眠りに心配のある方はお酒が原因と思わず薬を使おうと思う方がいるかもしれませんが、睡眠薬との併用はとても危険です。
睡眠薬の注意書きにもありますが、薬の薬理効果が倍増してしまうので命に関わる事態になることも考えられます。

 

早朝覚醒,サプリ,サプリメント,アルコール,飲酒

毎日お酒は飲みたいけど、入眠もスムーズにしたい方におすすめなのがサプリメントです。
サプリメントは健康食品なので、お酒と一緒に服用しても大丈夫なんです。

 

お酒も飲みながらいい睡眠をとりたいとき、健康のためにお酒を減らしたいのに眠れない、早く起きてしまう、そんなときは睡眠薬に頼らず、サプリメントの助けを借りてみてはいかがでしょうか。